知っておきたい桐ヶ谷斎場の利用ガイド

特徴は?予約方法は?利用者が教えます!

HOME » 優良葬儀社の選び方 » サービスにまごころがあるか

サービスにまごころがあるか

遺族の気持ち、立場になって考えてくれるか

葬儀社を選ぶとき、どういった対応をしてくれるかは、他の何を置いても大切だと私は思います。あとで振り返って、いいお葬式ができたな、いい送り方ができたなと満足できるのは、担当者がまごころある対応をしてくれたときで、いつまでも印象に残っているものです。

私の父が亡くなったときもそうでした。父は定年退職後も、週に何度かは会社に行っていたこともあり、参列者が多いと予想されました。喪主は母でしたが、それだけでもういっぱいいっぱいで、わけのわからないことを口走っては周囲を困らせる、といった状態でした。

そんなとき、お願いした葬儀社の担当の方が、いやな顔ひとつぜす、結論を急がせることもしないで、母の話を根気よく聞いてくれたのです。遺影の写真選びから、大きな写真箱をひっくり返して一枚ずつ撮ったときの思い出話までするという状況でしたが、彼は会社からもう一人担当者を呼んで事務的なこをと 任せ、母につきあってくれました。

まごころがすべてに反映する

担当者を一人増やすというのは、葬儀社としては大変なことだと思います。臨機応変にそれをやってくれ、そういった対応は、何においてもすべてに共通していました。思ったとおり、見積もりもとてもきちんと算出されたものでした。母が見栄をはって祭壇もお花もお料理も最上級クラスのものを頼もうとしたのですが、葬儀社さんがあえて下のランクを薦めてくれました。料金が高い上のランクを推すのではなく、自分たちの葬儀に合ったクラスのものを薦めてくれるというところにまごころを感じました。

誠意を持って応対してくれるところは、すべての面で誠意があります。それは電話の応対ひとつから現れます。何かを強引にすすめてくるところがひとつでも見えたら、他の面にも現れてると考えて間違いないと思います。

 
ページの先頭へ
HOME » 優良葬儀社の選び方 » サービスにまごころがあるか
知っておきたい桐ヶ谷斎場の利用ガイド