知っておきたい桐ヶ谷斎場の利用ガイド

特徴は?予約方法は?利用者が教えます!

HOME » 桐ヶ谷斎場を利用するメリット » 遺体安置から火葬までが可能

遺体安置から火葬までが可能

遺体の安置からお願いできる

特徴として、よくキレイな設備といわれますが、それだけではありません。

たとえば故人が病院で亡くなった場合、そのまま遺体を桐ヶ谷斎場に搬送してもらい、火葬までのすべてが、一つの施設の中で行えるのです。

通常、亡くなった場合は一度自宅に連れ帰り、お通夜までの間、家族とともに過ごします。ですが、最近はマンションなど、棺をエレベーターで運ぶことができなかったりと、様々な事情があります。しかし、斎場内には霊安室があり、温度管理も徹底していて、故人が痛むことなく、式まで快適に眠ることができる設定に温度を保ってくれるのです。また、決められた時間内でしたら、家族はいつでも会いに行くことができます。

お通夜、告別式はもちろん建物内で行います。お通夜のあとは宿泊することもできます。宿泊はお部屋を貸してくれるので、布団が必要な場合は、館内にある売店で、貸し布団の手配をすることができます。通夜ぶるまい、告別式のあとの精進落しなどの席も、館内でもうけることができます。

都内23区内に8ヵ所しかない、火葬場併設葬儀場

そして、さらに同じ建物内で火葬まで行えるのが、いいところです。火葬場を併設しているところは住宅事情などがあり、とても少なく、都内23区には8つしかありません。そのうちのひとつが、桐ヶ谷斎場なのです。

また、火葬炉は全部で12基あります。葬儀場の数よりも火葬炉の数が多いのは、火葬のみで利用する方もたくさんいらっしゃるからです。そして、火葬炉は、三段階の等級があるそうです。最上等、特別室、特別殯館の3つです。違いは、前室の広さ。見守ってくれる方の人数によって、選ぶことができるのですね。

 
ページの先頭へ
HOME » 桐ヶ谷斎場を利用するメリット » 遺体安置から火葬までが可能
知っておきたい桐ヶ谷斎場の利用ガイド